Archive for 4月, 2013

2

ホームシック

4月6日に県外の中学に旅立った息子。3日後から、毎朝、毎晩電話・メールの雨、嵐でした。   泣きながらかけてくる電話。1日十数回の電話とメール。     そして、息子からのメール 「帰りたいなー」              「やっぱり家に帰ってまた家族と一緒に過ごしたいよ」     辛い、本当に辛い、寂しいのは手に取るようにわかります。だから親も辛い。 すぐに、行ってあげたい。それをしてしまうと息子のためにならない。   知人の信君から「黒木さん、ここは鬼ではなく、ライオンにならんといかんですね」 の一言。 そうです、今はライオンの親にならないと・・・。   母ちゃん 「心配でノイローゼになりそう」   そして2週間が過ぎました。何とか乗り切ってくれたようです。   21日(日)  会いに行って来ました。 この日は練習試合、もちろん1年生の出番はありません。試合前、1年生12名並んで素振りをしてました。 初めて見るユニフォーム姿。寮の先輩に刈ってもらった気合の5厘刈りの頭。 頼もしく見えました。     この姿を見て安心しました。   息子からのメール、見るたびに涙が込み上げてきます。 頑張れ、遼介!           

2

旅立ち

4月6日(土) 今日、息子若干12歳、県外の中学校へと旅立ちました。 小学校4年生時、ちょっとしたきっかけから・・・。 どうしてもここの中学校で野球がしたい。という固い決意は最後まで変わりませんでした。 随分、いろんなことを話して説得したんですが・・・。   そして本日、入学式を終えました。中学校から親元を離れていく勇気には正直驚きでした。 それより、何よりもさびしくなります。   入学式の模様です。     入学式、おめでたいのに今日は雨でした、私の心を察してるような雨。 しかし、本人は・・・?。嬉しそうな笑顔。 前列、むかって右から4番目が息子です。このクラス15名、その内 野球部12名。   この後、野球部の保護者会の説明会。 そして、入寮式がありました。 これから中学校野球部3名(息子を含む)が野球部の寮で生活します。中学校の先輩たちと同部屋です。 高校の先輩たちも同じ寮です。すごい大所帯です。   この後、部屋で荷物の整理をして、ようやく昼食、そして自転車を買いに近くのお店に。   そして、いよいよ別れです。涙・・・、と思いきや忙しさと息子の陽気さで泣けませんでした。 あいつは、あいつで気を使っていたのかもしれません。 別れる間際に一通の手紙を息子へ渡して帰りました。   これから、いろんな試練があると思います。 くじけずに自分の夢を追いかけて欲しいと思います。 かげながら応援したいと思います。                  

12

今は好きなことを

少年野球が終わって体力が落ちないように、1月からプールへ。   以前からプールに行きたがっていた息子、中学に上がるまでの間プールに 通ってます。 あまり得意ではなかった水泳ですが、みるみる上達しました。 最初は、ぎこちなかったクロール、今はさまになってきました。 背泳ぎもなんとかできるようになりました。       そして、息子生涯2度目のゴルフへ行きました。と言っても打ちっぱなし場ですが。 こちらも、以前からの約束でしたので。 最初は、なかなか当たりません。当たっても飛びません。 息子少し予想と違った様子です。少しずつアドバイス・・・。   息子 「父ちゃんすぐむきになる」 そうです、やるからには一生懸命がモットーです。   息子 「当たった、今のすごくねぇ」と、どや顔(*^^)vです。 そうして、180球。     スイングは、まだまだですが子供は上達が早いです。いつか親子でコースを廻れるといいな。   息子 「父ちゃんまた、行こうね」 「わかった、また行こうね」   中学になるとまた野球漬けになります、今は好きなことをやらせてあげようと思います。

4

釣り堀

少年野球漬けの毎日だった5年間が終わり。 息子 「魚釣りに連れてって」 「春休みになったら連れて行くね」と約束してました。 なかなか時間が取れなくて、ふと思いついたのが20年前くらいに行ったことのある 釣り堀でした。 とりあえず電話してみました。 「営業してますか?」 「魚は少ないですがやってますよ」   家族でおにぎり買って行ってきました。     息子は、初めての魚釣りです。 竿を垂れるとすぐにヒット。500gほどのニジマス、ちょっと大きすぎます。       釣った魚は買い取りです。全部で5匹、どうやって食べようか悩みました。 こちらで、1匹は刺身に、あとは塩焼き用に下ごしらえしていただきました。   そして、帰って炭に火をおこしてじっくり焼いていきます。いい香りです、脂ものって美味しそうです。 でも、塩焼きにはちょっと大きすぎました。みんな、最後は飽きてしまいました。 お母さん(嫁)は、数日、魚を見たくなかったようです。   こうして、息子との約束は果たしたんですが、本人は満足してないようでした。 息子 「今度は、川か海に連れてって」 だそうです。  

14

阿蘇へ

昨年行った阿蘇のイチゴ農園から案内のハガキが届きました。 曇りの中家族で出かけました。 が。 熟してるイチゴが少ないとのことで、別の農園を紹介されました。 少しがっかりでした。 お昼を食べずにおなかを減らして行きましたが、そう食べれるものではありませんね。   いちご大好きの息子。ここぞとばかりに食べてました。 熟れてるいちごが少なかったです、もう少し後の方がよかったのかもしれません。   時間があったので、阿蘇に上ってきました。 ちょうど山焼きのシーズンだったみたいです。初めて見ました。 草千里に行く途中は、もう山焼きは終わってました。これから新緑に染まっていくんでしょうね。   そうして、娘と息子のリクエストで阿蘇ファームランドへ。 こちらで食事をして、自宅に向けて出発。 家族みんな揃ってのドライブもこれからはあまりできなりそうです。    

3

卒業

3月25日 月曜日  小学校卒業式   入学当時「僕、お利口にしとくからおばあちゃんと一緒に家にいてもいいでしょ?」と、 泣いていた息子、この日卒業でした。 あれから6年いろんな思い出が出来ました。     たくさんの友達にも出会えました。仲の良い友達ばかりで楽しかったそうです。 卒業式、もう少し泣く子どもがいるのかなと思ったんですが、みんな割と平然としてました。 父兄の方々もそうでした。私たち夫婦も泣けませんでした。   そして、クラスに戻って最後の授業。   先生は、最後涙目になっていました。  〇〇先生何事にも一生懸命な方でした。 息子、〇〇先生に4年生の時もお世話になりました。 我が家では、大好きな先生の一人でした。   少年野球を一生懸命したグランドともお別れです。 勉強を一生懸命?した教室ともお別れです。 そして、お世話になった先生方、友達ともお別れです。   6年間何事もなく無事卒業できたことに感謝です。 この姿を、おじいちゃん、おばあちゃんに見せてあげたかったね。