Archive for 7月, 2014

土用丑の日

  昨日 7月29日は土用丑の日。   例年通り、うなぎを予約。       朝のうちに取りに行って来ました。           毎年夕方から、炭をおこして準備します。     うなぎ4匹、骨、肝。         うなぎ大好きの娘が今年から居ないので盛り上がりに欠けますが・・・。         2匹をかば焼きに、1匹を白焼きにしてわさび醤油でいただきました。     残りの一匹は、8月に帰省する娘にとっておきます。              

チーム2度目の全国へ

この子供たちは凄い!       1回戦をサヨナラで勝利して、準決勝へ。       準決勝の相手は、鹿児島県代表 加世田中学校。       この試合も、セカンドで先発させてもらいました。             雨の中、2度の試合中断。       そして、こんなグランドコンディションの中。         結局悪天候のため、6回で降雨コールド。       点を取られては、取り返す試合。   最後まであきらめない精神力。   凄いです。     もう一試合の準決勝。   佐賀県代表三根中学校 対 長崎県代表波佐見中学校の試合。   雨天中止、再試合となりました。       日程の関係で、決勝戦は行わずに2校優勝となり、決勝進出を   決めた明豊中学校は、全国大会出場の権利を得ました。     第31回全日本少年軟式野球大会九州地区大会 優勝です。     相手チームの事を思うと、手放しでは喜べませんが、     これで目標の横浜スタジアムに行けます。       3月の春季大会では、愛知県代表に接戦で負けてます。     全国のレベルに再度挑戦です。     3年生にとっては、中学最後の大舞台。     2年生の息子達は、いい経験をさせてもらってます。   3年生に恩返し。     3年生を大舞台で主役にしてあげたい。     そんな、思いを込めて8月に横浜スタジアムに行って来ます。    

チーム2度目の全国めざして

7月5日・6日  第31回全日本少年軟式野球大会九州地区大会 が佐賀県唐津市で行われました。       地元宮崎県代表の門川中学校を応援するため、早朝4時に家を出発。   いい試合でしたが、惜しくも長崎県代表の波佐見中学校に4-2で負けてしまいました。   この波佐見中学校は、今年春の九州大会決勝で特別延長戦の末、明豊中学校が敗れた相手。   隙のないチームです。       そして、第3試合 我が明豊中学校の試合開始。               相手は、福岡県代表 竹友会ドラゴンズ。 クラブチームです。   このチーム、バッテリーを中心に固い守り、そして切れ目のない打線でした。     試合は、お互いに譲らずスコアボードに0が並んで行きます。   サイド気味のピッチャーをなかなか打ち崩せませんでした。     明豊中も、ピッチャーを中心に勝ち抜いて来たチームです。   息子も、セカンドで先発。               0-0のまま、最終回裏明豊中の攻撃。   ヒットのランナーをセカンドにおいて、   打球は、レフト前へ。   劇的なさよなら勝ちを収めました。   感動しました。   次は、準決勝。ここを勝ち上がれば全国へ!  

あれから1年

息子が、家を旅立って1年が過ぎました。   7月1日で14歳になった息子。   一生の中で、子供と一緒に過ごせる時間って短いよなぁ。   最近思うように。       親元離れてこの1年間、極度のホームシック。   振り返ってみると、大変な1年でした。   毎週、欠かさず息子のところに通いました。   それが、約束でした。   息子から送ってきたたくさんのメール、今でも大切に保存しています。   その中でもこの言葉、「帰ってまた家族と暮らしたいよ。」 私の心の中に突き刺さったままです。   ちょうど1年前位のこの時期、小雨の中泣きながら車を追いかけてくる息子。   鮮明に覚えています。       息子が、やめていたならこの街、別府を嫌いになっていただろうなぁ、と思います。   今は、大好きな街です。         この4月に後輩が入部、入寮してようやく自覚が出てきたようです。   今は、そっけないものです。   たくさんの方に、励まされ、助けてもらい感謝です。     自分が選んだ明豊中学校、大好きな野球ができるのも残り1年。   早いものです。     悔いの残らないように、頑張ってほしいです。       今は、     元気に励んでます。  

収穫を楽しみに

今年も先月中旬に無事田植えを終えました。     この時期、一斉に田植えが始まります。       我が家の田んぼも・・・。       これから、この辺り一帯が黄緑色に・・・。     そして、緑色に・・・。     そして秋には、稲穂できれいな黄金色に染まっていきます。   豊作でありますように。